こんにちわ。アイガグループ代表の坂井です。

先日、会社のメンバーの送別会の出来事。
2次会で、結構お酒も入って、出来上がっているところで、
キャリアの形成の仕方について激論!(笑)

A「Cは、営業のセンスあるよねぇ~」
坂井「センスじゃなくて、小さい努力・訓練の積み重ねの結果じゃん!」
B「僕もそう思う!」
A「え~だって、〇×△じゃ~ん!」
C「・・・(沈黙:汗)」

というのを、ハイボールを飲みながら、話し合いました。。。(笑)

個人的な意見を言うと、自分も営業の初期キャリアのころは、
人に話すがオックーであり、電話の対応が苦手であった。
最初の数年は「出来ない営業マン」のレッテルを張られていました。

今思い出すと、その時は一定の数をこなしていなく、
自分の努力の積み重ねが少なかったと思う。

営業の世界の人間と接してきて、一人たりとも最初から営業が出来る人は居ないんだ
と思うのですが・・・
(数年はなかなか結果が出ないのは当たりまえ)

上記の話はさておき、こういう話を社内のメンバーで出来るのは楽しいですね。
今日の題名の話は、なかなか難しい問題だと思います。

最近、学校で学んでいる経営学風で行くと、
外部環境が変わり、経営戦略が変わると、企業が求める人物像や、人事が変わってく
る。
経営者としては、経営戦略をしっかりとメンバーに把握してもらう仕組みを考えるの
が大事ですね。
頑張ります!(^^)/