Loading

楽しく働ける環境をつくること

久保田龍介(アクティブサポート事業部)

楽しく働ける環境をつくること


私の仕事内容は、官公庁向けシステムの修正・開発です。

具体的には、システムの調査、設計書の作成、コーディング(プログラミング)テスト、リリースといった一連の流れを担当しつつ、スケジュールの管理や後輩への指示を行っています。

セキュリティに厳しい所や、緊張感のある場所で仕事をする事も多いのですが、だからこそ楽しんで仕事ができるように、雑談をしたり一緒に昼食をとるなど真面目になりすぎない雰囲気作りを心がけています。

システムを丸ごと担当する事が多いので責任は重大ですが、後輩へ教えた事が仕事に活かされていたり、できることが増えた後輩達と一緒に働ける事に喜びを感じます。

プログラミングを任せられる後輩の育成

自分一人で仕事をするのは、生産性に限界があると常々感じています。

料理に例えると、1人で10人分、20人分の料理を担当することはできるかもしれませんが、100人分の料理は作れません。
しかし、何人かで担当をすることで100人分の料理も簡単に作れてしまいます。
このようにプログラミングを任せられるような人材を増やしていくことは会社の成長のためにも、とても重要なことだと思っています。

いずれはプロジェクトマネージャーになって、成長した後輩達と仕事をするのが夢です。

“うまくいかない経験”があったからこそ…

私が東京で働き始めたのは2015年の春からです。現在のアイガメンバー内で一番早く東京へ来ました。

そんな当時は体制も整っておらず、研修もあまり受けられないまま、大きな開発室へ行き、設計書からプログラミング、テストまでの全てを任されました。
当然何も知らない新人がうまくいく訳も無く、たくさん失敗しながら手探りで仕事をすすめていきました。

しかし今では“うまくいかない経験”があったからこそ、“うまくいく為に必要な事”をより貪欲に探すようになったのだと思います。
そのように得たノウハウを、同じ苦労をしなくて良いように後輩達へ伝えていきたいです。

募集要項はこちら

エントリーはこちら

保存

PAGE TOP